1:ペンシルストライプのバンドカラーシャツ

私は制作した服を自分の言葉で、また自分で撮影した写真を使い説明していこうと思う。この記事は記念すべき第1回目だ。

世界広しといえども案外ファッションデザイナー自身が自作の服を消費者の方へ向けて説明するという機会は少ない、いやほとんどない気がする。それは会社の中で分業化が進んでいて、商品をより効率良く生産するために致し方ないことだけど、100年ぐらい前までは注文、相談してお誂えの服を作ってもらうということが当たり前だったことを考えると少し寂しい気もする。

今や、どの企業も効率化を推し進めてゼロサムゲームの沼から抜け出せない状況が続いている。残念ながら最近では潰れる会社も珍しくない。そこで私は提案していきたい。今一度昔のスタイルを見つめ直し、相互にきちんと服の特性を理解した上での健全なファッションの楽しみ方を。

もはや、これからは大量生産大量消費の時代ではないというのは明白である。その中で個人がどう生き残るか、どう世の中に新しい価値を提供できるのかをこのブログを通じて模索や検証していく。

@Contents

(無駄)を削ぎ落としたミニマルなシャツ

シンプルなシャツの正面写真

ご覧のとおり、とてもシンプルなデザイン。

省いたディテール一覧
  • ポケット
  • ダーツ
  • 肩縫い目(前ヨーク)
  • 剣ボロのボタン

シンプルイズベストとはよく言われるが、それは素材やバランスの組み合わせがモノを言うのであって実際に作るとなると意外に難しいものだ。h2タグ(見出し)で括弧に入れて「無駄な」と書いたのはそういう理由があってのことで、何をもって無駄と断罪するかは曖昧なところがある。このシャツも何回かパターンを引いて、やっと出会えたバランスを元に縫い上げた。

シワだらけのシャツ

シワだらけの服はちょっと嫌だなって思う人がいるかもしれない。特に日本人に多いように見受けられる。しかし、人間の身体は曲線の組み合わせでできているので真っ直ぐな箇所はない。それゆえ、立体から解放された服をハンガーに掛けるとシワだらけになるということはむしろ当然のことだ。

例えば、イタリアのハンドメイドのシャツは吊るしの状態では惚れ惚れするようなシワが入っている。それを人間が着ると不思議な事にシワに生気が入ったかのような動きを持つ訳である。そういった意味でもシャツは洋服の中でも1、2を争うほど奥が深く面白いと思う。また、シャツ1枚で着るかジャケットのインナーとして着るかによってもデザインが異なってくる。この話はまた別の機会に。

服の細部、こだわりについて

 ボタンの見え「ない」比翼仕立て

比翼の断面

見返し付きの比翼仕立ては少し変わった方法で縫う必要がある。通常のシャツであれば裾まで一直線なのだが、クラシックシャツをイメージして前端を丸くカットしたので比翼を途中までにした(できないことはないですがちょっと難しい)。

ボタンホール幅を考慮しての最細比翼幅にしてある。また、底のボタンホールだけ横向きにした。そうすることで横の動きのゆとり分になるし、ボタンのかけ違いを防ぐという効果がある。

鳥足がけでボタンを留めやすく

鳥足がけのシャツボタンつけ
鳥足がけのシャツボタンつけ

通常、シャツのボタンだったらクロスがけ(×)か二の字がけ(Ⅱ)だと思う。エルメスの一部製品はHに見えるようにボタン付けがされているね。他にもバリエーションはあるが、今回は置いておく。結局、どんなふうに糸をかけようが自由だが、それなりにデザインの理由というのは存在する。

こちらは名前のとおり鳥足がけ(イタリア語でザンパディガッリーナ)と呼ばれるボタン糸のかけ方である。イタリア製のハンドメイドシャツによく見られる。メリットとしてはボタンの中心が真ん中ではなく少しズレることで片側が浮き、ボタンがかけやすくなることだ。特に分厚いボタンの場合は効果抜群である。一般にこのかけ方が流通しないのは専用のミシンがなく、手縫いで行う必要があるからではないだろうか。意外と簡単なのでボタンを付ける機会があれば試してみてほしい。

このシャツには全て白蝶貝のボタンを使用した。後述するが箇所によってボタンの厚みを変えてありフロントボタンは比翼の厚みが出ないように1.8mmで統一している。

すっきりした印象のバンドカラー

バンドカラー

前中心の衿の高さは2cm、後ろ中心は2.5cmで緩やかなカーブを描くようにカッティングした。けっこう細めの部類かもしれない。

ここ数年でかなり普及したバンドカラー(スタンドカラー)だが、昔は労働者のシャツとして用いられていただけあってカジュアルな印象もある。少し古いが、私の中でバンドカラーシャツというと古畑任三郎が思い出される。黒を中心に様々な色や柄を着ていて、今思えば流行を先取りしていたように思える。

エレガントなカフスを目指して

白蝶貝のボタンの断面

カフスの形はラウンドカットにした。角に丸みをつけてカットしてある。見た目の印象も柔らかく、角が引っかかりにくく実用的だ。

4mm厚の白蝶貝ボタンを使用

握手する時や、コーヒーを飲む時など、カフスのボタンは意外と目立つ。そこでボタンとして使われる貝としては最高級として知られる白蝶貝、そして市場にあまり出回ることのない厚さ4mmの極厚ボタンを採用した。画像をご覧のとおり、圧倒的な存在感を放っている。

ギャザーはたっぷりと

カフス幅は70mm、ギャザーも70mm分で調整した。色々試してみたけどこのバランスが最も優れていると感じている(デザインにもよるが)。

そして、ギャザーは分量が多くなれば多くなるほど扱いが難しくなる。1針ずつ細かくぐし縫いをして、できるだけ均等にギャザーを寄せていくのが腕の見せどころだ。でも、私は機械ではないので多少の誤差は生まれてくる。それを逆手にとり仕上がりが微妙にアシンメトリーになるように心掛けた。乱数的縫製といってもいいかもしれない。

ボタンの「ない」剣ボロ

ボタンのない剣ボロ

通常、剣ボロの中間地点には一回り小さいボタン(ガントレットボタン)が付く。しかし、先述したとおりギャザーを多く入れることで十分なゆとりを確保できると判断しそのボタンを廃した。それに伴い、剣ボロ自体の長さも短めの90mmに抑えた。手の大きい私でも問題なく腕を通せるので大丈夫だと思う。

ふんわり袖つけ

ふんわりとした袖付け

袖のいせ分量は34mmと十分な量を入れた。適度ないせを入れることで袖山を高くしても生地にゆとりがでて運動性能が上がる。よくあるシャツ袖だと、低く袖山を設定することで運動性を確保してある。とはいえ、袖山は高くしたほうがドレッシーでカッコいい。

脇を縫製する前に袖と身頃をドッキングさせる方法がカジュアルシャツでは一般的(縫いやすく効率的)だが、この袖はいせ込みながらふんわりと仕上げるために身頃を完成させた後に袖つけを行っている。また、見づらいかもしれないが袖下を20mm前振りになるようにずらしてある。人間は日常の動作で腕を前に出すことが多いので、その方が動きやすく機能的だ。

肩線の「ない」ヨーク

たっぷりギャザーのヨーク

ヨークには60mmのギャザーをたっぷりと入れた。よく見るとヨーク中心に接ぎ目がありスプリットヨークのように見えるがこれは前身頃から続いたものだ。なのでこれをヨークと呼んでいいものかは分からない(前身頃の一部?)。

肩線をなくすことは縫製の手間が省けるだけでなく、様々な利点がある。例えば、縫い目が肩にあたらずにストレスフリー、かつ軽い着心地を感じるだろう。さらに、ギャザーになっている部分は生地がバイアス(斜め)になっているので伸縮性があり、前傾した時に身体の動きと服が一体化する。デメリットは生地を多く使うことくらいかな。

裏ヨークの「ない」デザイン

よくあるシャツの場合、ヨークは表と裏の2枚で構成されている。しかし、このシャツのヨークは1枚だけで裏ヨークはない。軽さを優先させている。そして、ギャザーの縫い代は折伏せ縫いで5mm幅に抑えてある。ギャザーの折伏せ縫いは難しいので、あまり用いられることのない方法だ。裏の仕様なので表からは分からないけれど、どう処理するか考えるのは面白いのよね。

名前のまだ「ない」脇の処理方法

脇の縫い代処理

脇の処理には様々な方法がある。ガゼットを使ったり、スリットを入れたりなどなど。このシャツではちょっと珍しい脇の縫い代処理をしてある。前にネットを巡回していた時に見つけたビンテージの服を思い出しながら再現したので何という仕立て方かは分からない。もしかしたら、違う形だったかもしれないし確証はない。

この仕立て方によるメリット
  • 可動域が広い
  • 座る時に突っ張らない(ベンツのように)
  • 前裾だけパンツに入れたりといった着方が楽しめる

ガゼットは生地に厚みが出てしまい個人的にあまり好きではない。だから、生地を2枚重ねて返し縫いを駆使して縫うことによりガゼットを使わずとも十分な耐久性を実現した。そもそも、現代の縫製技術をもってすれば脇が裂けるなんてことを考える必要はないのかもしれないけどね。

細く強いヘムライン

細めの裾処理

裾は4mmの3つ折りで仕上げた。曲線が多いデザインなので必然的に裾処理は細くしなければならなかった。仮に、太く仕上げる場合は別布で切り替える必要があるわね。

また、折るたびにミシンをかけて裾を固定している。面倒だけどその方が縫いやすい。もう1つの理由として裾にある程度の硬さを持たせることができる(立体感が出る)。ミシンを何回もかけるとそれだけ生地に硬さが生まれるからね。例えば、ワーク系ウェアの衿腰など。もちろん、素材によって見極めは大事だが1つの選択肢として有ってもいいかなと思う。

サイズや生地について

肩幅44cm
身幅48cm
着丈76cm
袖丈63cm
その他の特徴
  • 生地は英国王室御用ブランドの一つとして知られるDAKSのオーダーメイド用のものを使用した(綿100%)。薄過ぎず厚過ぎずの丁度良い生地でオールシーズン着用可能
  • シャツの縫製では3センチの幅に16針が一般的だが、このシャツは一番細かいところで3センチに33針で縫製してある。場所により感覚的に幅を変えているので全体を通して微妙な変化がある。

To comment

@Contents
閉じる