MYKITAのミニマルな眼鏡「MINTTU」

MYKITA(マイキータ )の「MINTTU」という眼鏡を購入したのでレビューしていきたいと思う。「MYKITA」とは、2003年にドイツで設立された眼鏡ブランドだ。下記のサイトの説明が非常に分かりやすく、私が出る幕もない。

この記事では主に眼鏡本体ならびに苦労したレンズ交換について書いていく。

@Contents

一筆書きの不思議なフレーム「MINTTU」

眼鏡のスペック
  • LITEシリーズ「MINTTU」
  • ボストン型
  • 素材はステンレス
  • 特徴的なスパイラルヒンジ
  • ネジも溶接箇所もなし
  • 色はネイビー×シルバー
  • ツーブリッジ
レンズ横幅49mm
レンズ縦幅47mm
レンズ間鼻幅19mm
フレーム正面全体幅126mm
フレーム耳かけ部分140mm

バランスの良いサイズ感。下の画像が着用例。

7つあるシリーズのうちの1つ「LITE」

MYKITAには数多くのモデルがあるが、大まかに7つのシリーズに分けられている。

MYKITAのシリーズ
  1. NO1:functional understatement(機能的かつ控えめなもの)
  2. DECADES:contemporary classics(現代的なクラシック)
  3. LITE:modern minimalism(近代的なミニマリズム)
  4. LESSLIM:ultimate refinement(究極の洗練)
  5. MYLON:high-tech material(ハイテク素材)
  6. STUDIO:conceptual design(コンセプチュアルデザイン)
  7. FIRST:子供向け

今回購入したのは「modern minimalism」というテーマの「LITE」シリーズだ。具体的には他のシリーズでは0.5mmのシートメタルが使われているのに対し、LITEシリーズでは0.3mmのシートメタルが使われている。本当に、掛けていることを忘れるほどの軽さである。

ネジを不要にした渦巻きヒンジ

初めて見たときは驚き、何度も開閉を繰り返したヒンジ。このディテールこそMYKITAをMYKITAたらしめている要素ではないだろうか。薄いシートメタルだからこそ可能な洗練された機能美に溜息が出る。ネジがないので緩むこともなく、小気味良い「カチッ」とした音が今まで全く気にすることもなかった「テンプルを畳む楽しさ」を教えてくれる。

ネイビー×シルバーのコンビネーション

一筆書きに見えるフレームだが、実は色分けがされている。角度によってはナイロール(ナイロン製の糸)に見えなくもない。シルバーがレンズの側面になじむのでまるでフレームがないかのように見える寸法だね。MYKITAはステンレスの塗装に関して素晴らしい技術を持っている。らしさを求めるのであれば単色ではなく、こういったツートンカラーを選ぶのも悪くないと思うな。ノーズパッドはシリコン製で鼻あたりが良い。汚れたら気軽に交換できるのもポイントだ。

一応、気にするテンプルの刻印

右:MYKITA LITE MINTTU 49□20
左:SIZE 135 COL 091 PATENTED HANDMADE IN GERMANY CE

テンプルの刻印が年月を経るごとに消えていくことはよくあるが、MYKITAの眼鏡はどうだろうか。これからの経年変化に注目だ。以前かけていたTHEOの刻印はすぐに消えてしまった。先セル(耳にかける部分)はシリコン製で自分で取り外すことができる。色を変えてみるのも楽しそう。

MYKITAのレンズ交換は特殊

さて、フレームの次はレンズに関してのお話。基本的に私は眼鏡屋でフレームを買うことはない。というのも、あの雰囲気が苦手なのと買うつもりのないものを買ってしまった経験があるからだ。

なので今回は「Ferfetch」という海外通販サイトで購入した。日本でフレームが割引されることはないが、このサイトだと結構安く買えるのでオススメ。案外知られていないが、フレームさえあれば大抵の眼鏡屋さんでレンズを入れてもらえる。そこで、何度もお世話になっている「誠眼鏡店」でレンズを入れてもらうことにした。

約1万円で1.67非球面レンズを入れられる(安い)。東京に店舗があるが、郵送でも受け付けているので便利だ。しかし、フレームを見て不安を感じていた。今までの眼鏡とは違い、レンズを取り外すためのネジがないからだ。早速、問い合わせてフレームの詳細について聞いてみた。すると、案の定MYKITAはレンズ交換に特殊な器具が必要で交換はできないと言われた。仕方ないのでMYKITAの取扱店を探すことに。

「D-Eye nakahara megane」

すると、近所にあった。MYKITAを取り扱っている眼鏡屋が。

今回お世話になったのは光の森の眼鏡屋「D-Eye nakahara megane」。フレームを買っていないにもかかわらず、親切に対応していただき感謝。

進化型ブルーライトカットレンズ「ルティーナ」

レンズを注文して10日後に納品された。ドイツブランドのMYKITAなのでレンズもドイツ製の「ZEISS(ツァイス)」を入れるのが王道かと思うが、高額なため諦めた。頻繁に眼鏡を変える身としては、これから眼鏡が落ち着かない限りは入れる機会はないかもしれない。とはいえ、今回は今まで試したこともないようなレンズを選んでみた。東海光学の進化型ブルーライトカットレンズルティーナ」である。

ルティーナのスペック
  • 商品名:ルティーナ UX-AS MSC P-UV
  • レンズ素材:屈折率 1.67 プラスチック(UVカット機能標準)
  • コート・他:MSC P-UV

MSC(マックスシールドコート)は傷やホコリが付着しにくくなる加工、P-UVはレンズ裏面に反射する紫外線をカットするコーティングのことらしい。

私は強度近視(-7D)なのでレンズの厚さは気になる。屈折率1.76にしようかと思っていたのだが、MYKITAにはめるレンズは断面に溝を掘るためレンズ自体の強度が低下する。店員によれば、レンズが薄すぎると壊れやすいのであえて厚くすることもあるそうだ。球面レンズと非球面レンズの歪みの差は大きいが、非球面と両面非球面はあまり変わらないので、結局、1.67非球面レンズを選んだ。

ブルーライトレンズについては外部サイトだが、下記の記事が非常に参考になる。これからブルーライトカットレンズを購入しようと考えている方であれば必読の記事である。

上記の記事を読んだという前提で進めていく。

「ルティーナ」を試してみた率直な感想

今までにもブルーライトレンズを試したことがあるが、基本的にPC用に作られているものばかりだ。普段はPhotoshopで画像を扱ったりすることが多いので、画像の色味が変わる(黄色がかる)のは好ましくない。結局、その眼鏡はあまり使わずに引き出しの中で眠っている。

今回購入したルティーナはディスプレイの波長(450nm前後の波長)は透過しますが、逆に太陽光に含まれるHEV(400〜420nmの波長)をカットする画期的なレンズで眼病予防に効果があるとされている。

2週間ほど試した感想だが、少し目の疲れが減りよく眠れるようになった気がする。太陽光に当てると若干、黄色がかって見えますがほとんど気にならない程度だね。また、当然ブルーライトをカットしたらレンズが青くなるが、PC用のようなギラギラした感じではなく、かなり薄いカラーレンズ(1%ほど)を入れたような色味(逆にオシャレかも)。価格は2枚1組で32,000円と安くはないが、目が疲れやすい方や眼病を予防したい方にはオススメ。


フォルムはツーブリッジでちょっと古臭い感じもあるけど、フレームの細さとカラーリングのギャップで今までにないスタイルを生み出した「MINTTU」。これからしばらくはMYKITAの眼鏡を愛用することになりそう。

To comment

@Contents
閉じる