マルジェラの「ペイントジャーマントレーナー」

今回紹介していくのは私が初めて買ったマルジェラの商品である「ジャーマントレーナー」についてである。2013年、私が高校3年生のときに買ったので8年間履いてきたことになるね。大体の靴の寿命は3年と言われているから、そう考えると長生きと言っていいかもしれない。5年ぐらいはほぼ毎日履いてたのでクタクタだ。

そこまで長い間、大事にしてきたのには2つ理由がある。

まず1つ目はスニーカーにしては値段が高いことである。一般的なスニーカーだと1万円ほどだろう。しかし、この靴は約43,000円した。高校生にしては大金だよね。私はあまりお金を使わないタイプだったので貯金から下ろしたが代引きのときは手が震えた(田舎なので販売店がなかった)。やはり、身銭を切り詰めて買ったものは自然と大切に扱うのよね。ちなみにマルジェラ好きは知ってると思うが、現在発売されている似たようなモデルだと7、8万円はする。なので、値上がりする前に買えたことはラッキーだったかもしれない。

2つ目の理由は、履けば履くほどカッコよくなっていく点だ。最近はそうでもないかもしれないけど、マルジェラというブランドを語るときにエイジングの話は欠かせない。このジャーマントレーナーはその代表的な存在で、あえて汚れやすいスエードを用いたり、履き込むうちに欠けたりするペンキを使うことで新品とはまた違った、履いている人にしか出せない味をプロデュースしてくれる。側面に穴が空きそうな、ソールには穴が空いたけどシューグーで補強した今の状態が1番好きかもしれない。

さて、思い出話はここまでにしておこう。このスニーカーは歴史背景やディテールが面白いのでそちらに焦点を当てた話を書いていく。

@Contents

そもそもジャーマントレーナーとは

こちらが届いて開けて新品の香りのするままに撮影した1枚だ。

ここからどのようにエイジングしていくのかは次の章で触れるとして、そもそも「ジャーマントレーナー」とは何ぞや?って思っている人も多いのではないだろうか。それもそのはずで、元は中田商店に置いてるような非常にマニアックな靴だった。しかし、マルジェラが発掘し現代的なプロダクトとして再構成(という名のそのまま)することで生まれ変わったという歴史がある。

話を戻すと、ジャーマントレーナーは1970年から1980年代の西ドイツ軍にて、トレーニングシューズとして正式に採用されていたものだ。今でもヤフオクとかにオリジナルが出品されていることもあるよね。うろ覚えだけど、白と黒が屋内用でネイビーが屋外用だったと思う。なのでソールが体育館シューズっぽくないか。この色使いの感覚は今にないものを感じる。つまり、元は軍用だった装飾性もない無骨な靴がマルジェラの手によって現代に蘇ったという訳だね。

私のくたびれたジャーマントレーナー

どう。個人的には最高に味が出ていると思うけど。ところどころ、カビが生えていたりで汚くもあるんだが、カビ=マルジェラということでこれも一種のデザインだと脳に思い込ませている。靴紐がないのは後で触れるが、あえてこうしている。

そして、このスニーカーの最も特筆すべきデザインはジャクソンポロックよろしく様々な色のペンキで彩られたアッパーに他ならない。たぶん生身の人間が一足ずつアクションペインティングしているのだろう。当然、同じ柄は1つとしてないわけでオリジナリティを求める人にとってはこれ以上ないスニーカーと言える。

ツボを押さえたディテールたち

異なるソールの反り具合

こういった側面の画像はあまり見ないと思うが、私が重視する点でもあるので載せてみた。まず気づくことは左右のソールの反り具合が異なるということだ。人間は左右で微妙に歩幅が異なるそうで、8年も履いているためにその特徴がもろに出てしまっている。かかとの減り具合も違うし、自らのアンバランスさを実感した次第だ。

手間のかかるバルカナイズ製法

こちらがソールの画像になる。かかとの部分が白く補強されているが、これはシューグーという補強材だ。恐らくだが、マルジェラのジャーマントレーナーを履いていて最初にガタがくるのはこの部分だと思う。穴が空くというよりは切れるんだよね。そのまま放置しておくと石が挟まったり、浸水してきたりで困るので補強することをオススメする。

メンズワイシャツ専門店サルトリア
¥1,465 (2021/09/18 13:32時点 | 楽天市場調べ)

この靴は2012AWのモデルなのでソールに印字がないが、現行モデルですとマルジェラのカレンダータグが型押しされている。さらに古いモデルでは「BW-Sport」の表記がされているね。最初期のものだとPUMAやadidasのロゴもあるようだ(軍用にその2社が卸していたので)。雨が降っていても滑りにくく、実用性に富んでいる。もう少し耐久性があると嬉しいけどゴムだから仕方ない。

ちなみにソールは「バルカナイズ製法」によって作られている。バルカナイズ製法とは、硫黄を加えたゴム底と靴本体を接着し、釜にいれ熱と圧力をかけ圧着する製法のことだ。歴史は長く、1839年にアメリカの発明家チャールズ・グッドイヤーが発明した、まさに「スニーカーの最も基本的な作り方」と言える。接着剤を使用したスニーカーよりもしなやかで屈曲運動に強く、加水分解などの経年劣化にも強い。逆にソールの交換はできないので上述したような修理方法になる。

ベロのカレンダータグ

ベロに縫い付けられているマルジェラを象徴するカレンダータグだが、ちょっと変わった素材使いがされている。左ベロのタグは銀面(ツルツル)が使われているのに対して右ベロでは床面(ザラザラ)が使われている。月日が経つにつれ右ベロの方は型押しされた数字が完全に消えてしまった。左ベロの方はうっすらと残っている(元から薄め)。

購入ページでは解説されてないし、ネットで調べても誰も触れてないから、ただ単に間違いかもと思ったけどヒールの素材使いも同じようにされているので、あえてこうしていることは間違いないと思う。私は他にもジャーマントレーナーを所有しているのですがこのような仕様ではないので2012AW特有のディテールだろう。遊び心というか、人間の目線と靴との距離を考えたら誰も気がつかなさそうなディテールだけど好きだな。

一応カレンダータグについて触れておくとジャーマントレーナーは「女性と男性のための靴のコレクション」を意味する22ラインに所属する。そして、そのカレンダーの下にあるブランドロゴ、そこには「Maison Martin Margiela」と記載されているが、これは2014年までの名称で2015年からは「Maison Margiela」になっている。個人的には前者の製品の方が好き。

異なる素材使いのヒール

前項で述べたとおり、異なる素材使いがされている。ベロのカレンダータグとは左右逆ってところがニクイね。バックステイには定番の糸掛けがされているが、左足はほつれてしまった。これはこれでいい感じ。引っ張っても抜けないけど、どんな構造をしているんだろう。

紐なしで履くためのゴム

この靴の地味に良いところはベロにゴムが縫い付けられており、靴紐なしでも履ける点である。いちいち靴紐を緩めたり、締めたりする手間が省けるのは大きい。しかもちょうど良いフィット感で、長年履いていてもゴムが伸びて履き心地が緩くなることもないしね。

そして、このゴムを縫い付けるステッチがサイドに入ったラインに沿っているのって地味に凄くないか?オリジナルは当然ゴムが入ってないがこのラインはある訳で、まさにゴムを入れるためにあるようなデザインに思える。そもそもこのラインって単にデザイン上のアクセントなのかな?それともホールド感を高めるため?

余談だが、私はあえて靴紐をつけたまま1年ほど履いた。というのも、せっかくエイジングを楽しむのなら靴紐があった形跡を残したかったからね。ベロの画像を見ればわかると思うが、若干黒ずんでいるのがその跡になる。

マルジェラのレプリカについて

マルジェラにはレプリカというラインがある。1994年よりメンズとウィメンズの両方で展開されており、ヴィンテージの服やアクセサリーをマルジェラによる解釈で具現化したものだ。

REPLICA
REPRODUCTION OF FOUND GAERMENTS OF VARYING SOURCES AND PERIODS.
Style description: Men’s sports shoes
Originally: Lambskin and calf-split
Provenance: Austria
Period: 70’s

上記がレプリカの内容だ。ジャーマントレーナーを販売している「REPRODUCTION OF FOUND」というブランドがあるが、この文言から取ったのだと思われる。ここで触れておきたいのは2点。OriginallyProvenance(起源)。

Originallyで記載されているLambskin and calf-split。Lambskinとは生後1年未満の仔羊のなめし革で、柔らかくキメの細かさが特徴である。革の中では特に高級で、ジャケットに使われることが多い。私も以前製作したライダースにラムを使用した。

そして、calf-splitとは仔牛の革を加工した床革のことだ。天然皮革の牛革は非常に厚みがあり扱いにくいのでそのままでは使えない。そこで機械に入れて革の厚みを均一にする訳だね。

そのそぎ落とされた革の裏部分を床革といい、繊維の強度が弱いためポリウレタン加工などを施し強度を高めたものがスプリットレザーとなる。本来であれば床革は本革(銀面つき)のおまけみたいなもので、捨てられる運命にあったものの生まれ変わりだ。そんな、革の中でも高価なラムと安価なスプリットレザーの組み合わせがなんとも面白い。ただ、カーフは牛革の中でも最高級なのでより複雑な関係になっている。

次にProvenance。ジャーマントレーナーと言うぐらいだからドイツが起源かと思いきや、オーストリアと記載されている。その理由は当時ジャーマントレーナーを生産していたプーマのシューズ製造工場がオーストリアにあったからだと言われているね。生産国までよく調べたなと感心した。しかし、そう考えると現代のProvenanceは中国ばっかりになっちゃうんじゃないかと心配ではある。

履いてみた感じ

履いてみるとこんな感じ。デニムとの相性が抜群。

軽い登山にも使える。


軽く書くつもりがけっこう長くなってしまった。でも、長年履いている靴だからこそ愛着があるし、自分の着るものに対してぐらいは詳しくありたいと思っている。他にも違うデザインのジャーマントレーナーを持っているので、記事にする予定だ。とにかく、一度この靴を履くと良すぎて他の靴じゃ満足できなくなる恐れがあるので注意が必要。

ARKnets
¥80,300 (2021/09/18 13:32時点 | 楽天市場調べ)

To comment

@Contents
閉じる