9:オーソドックスなダークスーツ(スラックス編)

前回はジャケットを紹介したが、今回はスラックスの紹介をしていく。

@Contents

スラックスの骨組み

ジャケット同様にオーソドックスをテーマに製作した。

デザインの要点
  • テーパード
  • ノータック
  • ベルトループレス(サスペンダーボタン付き)
  • ダブル裾

このデザインの場合は痩せ型の人がより似合うと思う。また、ベルト仕様ではなく、あえてサスペンダー向けに作ってみた。最近ではほとんど見られなくなったサスペンダーだが、こだわり派を中心に未だ廃れていない。

サスペンダーのメリット
  • 腹部を締め付けない
  • 折り目が綺麗に見える
  • ズボンを上げて履くことができる
  • 着こなしのアクセントになる

尤も、サスペンダーを付けずに着ることも可能だが。

オーソドックスなディテールたち

ダック芯を使用した「天狗」

ファスナーはriri製のものを使用した。見えない部分だが務歯(ファスナーの歯)が繊細な輝きを放っている。また、天狗にはダック芯を使っており腰回りに安定感をもたらす。

腰回りの滑り止め「マーベルト」

ウエストベルトの内側にはマーベルトと呼ばれるシリコン製のストッパーを付けた。これがあることにより、腰回りがずれにくくなりシャツが飛び出すのを防ぐ効果がある。

斜め切り替えのサイドポケット

サイドポケットはポケット口を前に移動させて別布で切り替えてある。垂直なタイプよりも手を入れやすく機能的だ。

スラックスにも「チケットポケット」

こちらはチケットポケット。ジャケットにもチケットポケットがあったが、スラックスにもチケットポケットはある。
昔はそれほどチケットが多かったのだろうか。表からは見えないので、何かを隠すのにいいかもしれない。

ケレン味のないヒップポケット

ヒップポケットは両玉縁、ボタンありのオーソドックスなタイプにした。ボタンがあることによりポケット口が閉じて向こう布が見えない。また、ダーツはかなり短くしている。ローウエストなので必然的にそうなったが、もはや一種のアクセントのようだ。

アイロンでしっかり潰したダブル裾

ダブルの裾上げで重要なのはアイロンでいかに平らにするかだと思う。水をつけて全体重をかけて生地を潰している。

サイズについて

ウエスト78cm
ヒップ94cm
ワタリ30cm
裾幅21.5cm
前ぐり28cm
股下75cm

To comment

@Contents
閉じる